ニュース

[]カラオケ「桜の里」が惜しまれつつ閉店に

カラオケ「桜の里」は、カラオケハウスの先駆けとして近隣に君臨し、多くのカラオケフアンに親しまれてきました。

時には、館内に入りきれない人たちや1曲歌うのに何時間も待たないといけないような時でも待ち続けても歌いたい人たちも少なくありませんでした。この店を知らなければ本当のカラオケフアンとは言えないと言われ、ここのステージから数多くの演歌歌手が羽ばたいていきました。

フアンクラブとしても企画行事の開催や楽しい集まりに利用させていただき思い出溢れる聖地でもありました。

カラオケブームに陰りが見え、顧客の高齢化が進む中、新型コロナによる感染症の拡大防止のよる休業要請等厳しい経営環境に追い込まれ諸般の事情から令和2年9月30日をもって閉店の運びとなりました。

多くの皆様が突然の閉店に遺失感に寂しさを募らせていられると思いますが、伝説のカラオケ店「桜の里」を記憶にとどめ懐かしむことが我らの努めではないでしょうか。

25年の長い間、カラオケフアンを楽しませていただいた「桜の里」にねぎらいと感謝を込めて「ありがとう」と言いましょう。

このページのトップへ