ニュース

[]歳末に思う

新型コロナ感染症と言うウイルスが人類を侵略し、蔓延る現況に交戦しながらウイルスの脅威から逃れようと英知を絞る人々の

果てしない戦いは序章に過ぎない。恐ろしい感染症に苛まれた2020年はまもなく終わろうとしている。区切りの年は終わるものの感染拡大の現況は終わるどころか拡大の一途である。

渕上雅代の芸能活動も、わずかばかりのステージ出演はあったものの、ほぼ活動停止状態にあると言える。誠に残念である。今こそ臥薪嘗胆、我慢の極みであろうと推察する。

暗闇にもいつか光が差してくることは世の習い、ただし状況の長さは誰にもわからないが。

静かな歳末を過ごし、新しい年に希望の光を求めよう。丑年でもある、あせらずゆっくりと念じながら。

このページのトップへ